2013年

2月

09日

砂糖の話

突然ですが、みなさんはスイーツはお好きですか?私は大好きです(笑)

減らそう、止めようと思ってもついつい食べてしまう甘いものですが、

甘味をつける調味料は実はいろんな種類があります。

ほとんどの方は上白糖などの白砂糖使っていらっしゃるのではないでしょうか。

この白砂糖は漂白するために薬品を使用するため、残念ながらあまり体に良い

食べ物とは言えません。ついでに体を冷やしてしまいます。

最近『キレる』子供が増えたのも砂糖の食べ過ぎが一因ではないかと言われています。

では体に良い砂糖はあるのでしょうか?

モルフォカフェではビートという野菜からとれる『てんさい糖』を使っています。

この砂糖は体を冷やしません。そして無漂白の茶色いお砂糖です。

同じく茶色いお砂糖にはきび砂糖や三温糖がありますが、いずれも体を冷やす

お砂糖です。(三温糖は白砂糖を煮詰めたものです)

なぜてんさい糖は体を温めるのかというと、さとうきびは暑い所が産地ですが、

ビートは寒いところ(北海道)で採れる野菜だからです。

夏野菜は体を冷やし、冬野菜は温めます。つまり、その時必要な作用をするわけです。

なので夏にはきゅうりやトマトを食べて体の熱を取り、冬には根菜類で体を温めるのが

とても合理的なんですね。

しかし、現代はエアコンなどで体が夏でも冷えてしまいます。なので夏でも温めること

が必要になってきてしまったのです。

女性は特に体を冷やすとよくありません。なるべく体を温める工夫が必要です。

スイーツ好きの方は多いと思いますが、てんさい糖などの体を温める食材で上手に

甘いものと付き合いましょう!